ホーム > 輸送の安全に係る情報

輸送の安全に係る情報

平成29年 輸送の安全に係る事項
【輸送の安全に関する基本方針】
1.    社長は輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たす。
2. 輸送の安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
3. 輸送の安全に関する情報ついて、積極的に公表する。
【輸送の安全に関する目標】
基本的な方針に基づき、目標を策定する。

事故件数
28年 人身事故   0件 29年 人身事故 ゼロ
物損事故   4件 物損事故 ゼロ
自損事故   4件 自損事故 ゼロ
【輸送の安全に関する計画】
上記の目標を達成し、輸送の安全に関する重点施策に応じて、輸送の安全を確保するために次の計画を遂行する。

  1、輸送の安全に関する教育の実施
  2、点呼時でのアルコールチェッカーの完全実施
  3、点呼時での安全運行に関する注意喚起の励行
  4、適性診断受診結果及び運行記録(タコグラフ)を用いた個人面談による指導
【事故に関する統計(有責のみ)】
平成28年(1月~12月)

石狩営業所(貨物及びバス)

総 数

人 身

物 損

自 損

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者


ようてい支店

総 数

人 身

物 損

自 損

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者


倶知安営業所

総 数

人 身

物 損

自 損

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

件数

死者

負傷者

ページ上部へ